ヒップホップダンス基本技能指導士

今年から文部科学省の指導によって中学校の保健体育のダンスの中にヒップホップダンスが必修科目として決定されました。ヒップホップダンス基本技能指導士とはこれに伴い新たに誕生した資格です。

 

ヒップホップダンスは必須科目

 

アメリカで生まれたヒップホップダンスですが、今では日本でも需要が増えています。その理由の一つに中学校の保健体育の時間にヒップホップダンスが必須科目になったことが大きいです。日本はそれまであまり教育にダンスを取り入れることの無いお国柄でした、そのせいで踊りを踊るということが苦手な民族でもあったのです。でも、中学校の授業に取り入れられたのを機に、ヒップホップダンススクールに通う生徒が大いに増えたとのことです。学校側のほうでも、教える教師自体がヒップホップダンスを踊ったことが無い人ばかりで、指導できる状況に無いのを不安に思い、自治体で講習会を行い練習したり、自らも街のダンススクールへ通う教師も後を断たない状態だということです。

 

一部の学校では教師だけでは不安に思い、ダンスインストラクターを雇って生徒を教えることにして、体育教師はアシスタントとしてサポートに周るところも出ています。授業内容としては基本のステップを習っていき、ダンスになれるところから始めます。授業の後半になるとヒップホップの曲をかけて何人かの班に分かれて曲を踊り発表させるまでを行ないます。メインとなる振り付けはダンスインストラクターが指導して、生徒達は班の中で一人リーダーを決めて、リーダーを中心に一人一人の踊りのフォーメーションを決めて、練習して行きます。

 

最後に順番にダンスの発表となるのですが、結果、まだ習いたてではたどたどしい踊りであるのは当然です。けれど、最後まで踊りきることが第一歩で、しかも複数の仲間と一体感を持って踊りを楽しむことが出来れば、ヒップホップダンスの授業としては成功といえます。

 

資格取得のためには?

資格取得のために年2回から3回の研修と検定が実施されます。実技はもちろんダンスの歴史などについての知識も要求されます。通称ワールドリズムダンス技能指導士と呼ばれ、子供達や高齢者にダンスを指導する人を教育する目的で作られました。

 

現在はFUNK編の「ヒップホップ」検定のみですが、今後は「ロッキング」「ワッキング」、ラテン編(「チャチャチャ」「サンバ」「ルンバ」「ジャイブ」)も実施していく予定となっています。趣味としての意味合いが強かったヒップホップダンスを職業として確立するために作られた資格のようです。

 

そもそもストリート発祥のダンスで資格がいるのか?など疑問を呼んでいる資格ですが、高額な初期費用や毎年の年会費も発生し、ミュージシャンらからは高すぎるのではないかという声も上がっています。合計すると数十万にものぼり、さらに年間の更新料までかかるそうです。たしかに資格なのに少し取りすぎではないかと思ってしまいますね。テキストもかなり高額ですし。

 

これはあくまで基本の資格であり、指導士の資格は全部で4段階あります。今後はさらに中級や上級の検定も実施されるそうです。ヒップホップダンスを極めた人でもこの資格がなければアマチュアなのかということを考えると色々と疑問の残る資格ですね。ヒップホップダンス基本技能指導士の今後に注目です。